著作権は、著作物の創作によって自動的に発生します。

(権利を得るため、特許権や商標権のように出願を行って審査を経る必要はありません)

著作権には著作者人格権と著作財産権があります。

著作者人格権

公表権、氏名表示権、同一性保持権があります。この著作人格権は他人に譲渡できません。著作者人格権は、著作者が

生存している間は著作者に帰属します。また死後においても『生存していたならば人格権の侵害となるような行為』はしては

ならないと著作権法で定められています。

    公表権…………未公表の著作物を公表するか否か、公表する場合の時期、方法等を決定することができる権利

    氏名表示権……著作物の原作品または複製物が公衆に提供、提示される際に、著作者の氏名を表示するか否か

               またはどのような名義で表示するかを決定する権利

    同一性保持権…著作物の同一性を保持し、著作者の意に反して他者が勝手に改変できない権利


著作財産権

複製権、貸与権、翻訳権、翻案権などがあります。著作財産権は、財産権として譲渡又は相続することができます。

これら権利の侵害に対しては、損害賠償請求、差止請求を行うことができます。

    複製権…………………………【版権(出版権)】印刷、録音、録画その他の方法により複製物を作る権利

    展示権…………………………著作物である原作品を公に展示する事ができる権利

    公衆送信権……………………著作物を無線、有線放送等で放送する事ができる権利

    翻訳/編曲/変形/翻案権…新たな創作行為を加えて、二次的著作物を創作する権利

                         ※二次的著作物の著作者は、翻訳者や編曲者になります。

    二次的著作物の利用権………原著作物を元に変形された著作物を利用する権利

                         ※二次的著作物利用に際しては、二次的著作物の著作者と原著作物の著作者双方の許諾が必要となります。

    など

いろいろと小難しい話になってしまいましたが、端的にお客様にご理解していただきたいのは

『対価を支払えば、購入した著作物に対して何をしても良い。というわけではない』ということです。

【and_one】では、著作権の取り扱いに関して、以下のように定めておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

著作者人格権 【and_one 小林あづさ】に帰属します。
公表権
営利目的かつ公共性をもつ媒体への公表は、かならずご連絡ください。都度、判断いたします。

※公表権ですので、非営利かつ個人的な媒体(個人のblogなど)において、これを表示する場合はこれにあたりません。

氏名表示権
営利目的かつ公共性をもつ媒体へ掲載する場合は、かならずご連絡ください。都度、判断いたします。
同一性保持権
非営利かつ個人的な媒体への表示、掲載する場合においてのみ、同権利を行使しません。

営利目的かつ公共性をもつ媒体への表示、掲載する場合は、かならずご連絡ください。都度、判断いたします。



著作財産権 原則として【and_one 小林あづさ】に帰属します。当サイトでの販売物に当該権利の譲渡は含まれません。
複製権
非営利かつ個人的な目的での複製は、これを許可します。
展示権
非営利かつ個人的な目的(blog/自店舗のインテリアとしての展示など)での展示は、これを許可します。

営利目的または対価の発生有無に関わらず公に展示する場合は、かならずご連絡ください。都度、判断いたします。

公衆送信権
非営利かつ個人的な目的の場合に限り、これを許可します。これに該当しない場合、かならずご連絡ください。都度、判断いたします。
翻訳/編曲/変形/翻案権 非営利かつ個人的な目的の場合に限り、これを許可します。これに該当しない場合、かならずご連絡ください。都度、判断いたします。
二次的著作物の利用権
【and_one】がこれを希望する場合、かならず事前に連絡し、承諾を得ます。
※著作物の利用に関して、不明点、判断に迷う点があれば、遠慮なくお問い合わせください。

※【著作権の取り扱い】については、予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

簡単にまとめると

ご注文頂いて、【and_one】がデザインしたイラストに関して

非営利かつ個人的な利用に関しては、お客様のご希望どおり、自由に取り扱っていただいて、まったく問題ありません。

利用したことによって二次的な対価が発生し、公の場に掲示、展示する場合は、ご相談ください。

といったことになります。

※もちろん個人blogであったり、ご自身のお店などに掲示、展示することは、公にはあたりません。

よくある質問迷子メール特定商取引法著作権について